イベルメクチンの論文を拒絶する「大きな力」を感じます。私どもは論文のプロです。多くの査読も行ってきたので論文の科学的可否の判断はできます。Completely Acceptを出した後にRejectなど行えません。