「ワクチンの承認には最低50%の有効性が必要なのに、5~11才でのワクチンの有効性は20%未満である。CDCのデータによれば、ワクチンを接種した4,249人の5~11才の子供を調査では、100人に重度の副反応があり、そのうち15人が心臓の損傷を負った」